磯村打敷店

店主ブログ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 馬具 台替修理と復元 | main | 尾張旭 棒の手 50周年記念大会 >>

尾張旭の秋祭り

10月12日、僕は名古屋まつりの山車引揃の御囃子(おはやし)のため、嫁の知寿恵に、新居地区 馬の塔保存会様へ、御酒を御祝にもっていってもらいました。

今まで、風切や馬具を作る事はしても、どう使われているのか分からない嫁は、見学も兼ねて見に行きました。

スカイワードあさひの前のコスモス畑は、満開でした。





多度神社の境内にて。

新調させてもらいました馬具が、初使用されました。

   

新居地区 馬の塔保存会様の、駆け馬神事。

とても迫力のある神事でした。





 
  

ジュニアもがんばっておりました。
  

尾張旭の献馬行事である、秋祭りを楽しんで参りました。スカイワードから多度神社まで、一緒について歩きました。棒の手、鉄砲、馬の塔(おまんと)で編成される警固隊が一斉に歩いて行きます。すごい迫力です。

多度神社を歩く姿は、さながら時代を錯覚します。警固隊のみなさんの姿に木々の緑が映え、とても印象的でした。

多度神社の鉄砲隊の発砲の音が鳴り響きます。心臓につきささる様な音です。献馬の多度神社への駆け込みは、すごい!すごい!飾られた標具(だし)が落ちてしまいそうです。

いっしょに着いていた一人が吹き飛ばされてしまいました。ー大丈夫だったでしょうか?ー とても迫力のある秋祭りでした。(嫁より)


多度神社参道を行く鉄砲隊のみなさま
  
郷分会のみなさま
こちらの風切も、平成15〜16年頃に作らせてもらいました。

馬具 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする