磯村打敷店

店主ブログ
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 風切いろいろ | main | 尾張旭の秋祭り >>

馬具 台替修理と復元

台替(だいがえ)修理


古い障泥
  
台替された障泥

古い障泥の刺繍の部分をとりかえ、新しい障泥にのせかえる作業です。緑の皮の部分、生地は新調されます。
右側は台替された障泥です。ほぼ新品同様になります。


古い首鎧の刺繍の部分をはずした状態
  
復元された首鎧

緑の皮(本金箔仕様)、房(復元新調)、生地赤羅紗新品。
古い竜の刺繍の部分を補修し、ツメやひげなども取りかえます。


古い見本の尻駄負(しりだおい)
  
復元された尻駄負

御予算に合わせて、ミシン本金盛上刺繍にて復元された尻駄負。
本来は、本金手刺繍で復元するのですが、御予算に合わせ、ミシン本金盛上刺繍で復元される事もあります。


古い見本の標具巻き
  
復元された標具巻き

ミシン本金盛上刺繍にて復元された標具巻き(だしまき)


古い竜の刺繍 見本
  
復元された竜の刺繍

ミシン盛上刺繍でも、かなり手刺繍に近い表現が出来、盛上部分も手に劣ることなく、リアルに復元されます。



台替修理とミシン本金盛上刺繍にて復元された、馬具一式です。


春日井市木附町のみなさま
復元された馬具と、平成18、19年に新調された風切です。
 
馬具 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする